Sazanami Hirorion

Hirorion Peivate Blog
つつじ祭り(根津神社)

根津神社のつつじ祭りに出かけた。
ものすごい混みようw
しばし写真撮影をして、谷中方面に歩いた。
| 谷中・根津・千駄木・東大 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
朝倉彫塑館

台東区の谷中を散策した。
日本彫塑界の最高峰といわれる朝倉文夫氏のアトリエへ。
日本庭園も粋を凝らしたもので、数寄屋造りのたたずまいは館全体が偉大な芸術作品となっている感じだ。
帰りは、日暮里駅近くにある「富士見坂」によってみた。
ここは都内各地に残る「富士見」でも面白いところ。

谷中は、大好きな猫たちにも会えるロマンのある場所である。


| 谷中・根津・千駄木・東大 | 12:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
弥生美術館・竹久夢二美術館

根津から歩いて15分のところに佇んでいる美術館。
竹久 夢二(たけひさ ゆめじ、明治17年(1884年)9月16日 - 昭和9年(1934年)9月1日)は、日本の画家・詩人。本名は、茂次郎(もじろう)。
数多くの美人画を残しており、その作品は「夢二式美人」と呼ばれ、大正浪漫を代表する画家である。
また、児童雑誌や詩文の挿絵も描いた。文筆の分野でも詩、歌謡、童話など創作しており、なかでも詩「宵待草」には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的な愛唱曲となった。
また、多くの書籍の装丁、広告宣伝物、日用雑貨のほか、浴衣などのデザインも手がけ日本のグラフィック・デザイナーの草分けとも言える。


[HP]
| 谷中・根津・千駄木・東大 | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東大
東大
今日は東大のキャンパス内にある「三四郎池」にてしばし涼を取った。
夏目漱石の名作『三四郎』が、ここを舞台としたため、誰言うとなく「三四郎池」と呼ばれるようになったところ。
安田講堂の地下の食堂は安くてお勧めw

東大の近くにある弥生美術館と竹久夢二美術館もお勧め〜
夢二は大正ロマンの画家(1884-1934)
デザインの分野でも生涯に渡り、自由な感性と才能を発揮しました。



| 谷中・根津・千駄木・東大 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
六義園

日曜日は、天気が良かったので「六義園」周辺を散策しました。
もう少し秋が深まって紅葉の季節だとベストなんだけど、緑の庭園もなかなかのものですw
1695年に、5代将軍徳川綱吉の側用人柳沢吉保が綱吉から賜った地に下屋敷を造りそこに造成した庭園だそうです。
| 谷中・根津・千駄木・東大 | 05:37 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
旧岩崎邸

少し雨も上った土曜日だったので、上野〜両国あたりを散策しました。
東京大学、不忍池近くにある旧岩崎邸庭園には初めて訪れました。
旧岩崎邸は1896年(明治29年)に三菱創設者・岩崎家本邸として建てられたもので、英国人ジョサイア・コンドルによって設計されたもの。
これより新しい日本の建築文化が始まったものです。
洋館と結合された和館は、書院造を基調にした風情あるたたずまいでした。
| 谷中・根津・千駄木・東大 | 19:48 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE